Top >  いびきの原因と種類 >  いびきのメカニズム

スポンサードリンク

いびきのメカニズム

いびきをいびきの音が出るメカニズムは同じなのですが、原因や大きさなどは人によって違っています。いびきと言うのは上気道(のど(咽頭)や鼻(鼻腔)呼吸では音が鳴りません。上気道が狭くなっていることが関係しています。気道が筋肉で支えられているのですが、何かの原因で狭くなってしまい、空気の流れがその狭さによって速くなってしまい、空気抵抗が大きくなってしまいます。そのせいで上気道の粘膜の振動が増えて、抵抗音や振動音などが生じてしまうということになります。という事は上気道の筋肉も緩んでしまいます。ですので上気道は睡眠時には狭くなってしまいます。上気道が狭くなるのは睡眠時のときはもちろん、アルコール摂取、疲労、肥満、病気、老化など色々な原因によって上気道が狭くなる可能性があります。原因はさまざまですが、いびきが出る上気道が狭くなってしまうことに繋がっています。



スポンサードリンク

 <  前の記事 いびきの種類  |  トップページ  |  次の記事 いびきをレーザー治療で治そう1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18646

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • いびきと弊害
  • いびきはかくことによって色々な弊害が生じる事があります...

  • いびきと赤ちゃん2
  • 赤ちゃんってすごく可愛いですよね。その赤ちゃんが眠って...

  • いびきと赤ちゃん1
  • 子供のいびきというのは注意が必要だと思いますが、赤ちゃ...

  • いびきとネコ
  • 猫がいびきをかくと健康を害するものなのでしょうか?年齢...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いびきはレッド信号!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。