Top >  いびき防止 >  いびきの防止対策66

スポンサードリンク

いびきの防止対策66

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)を治療する方法の一つに「手術」という方法があります。生活習慣を改善しただけでは肥大によって上気道が狭いなどの場合に適応されます。いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)手術法として一般的なのがこの「咽頭を広くする手術気道を狭くしている原因になっている場所ですので、粘膜部位を切除して咽頭を広くし、空気が手術法です。手術というと「痛い」と思われる方も多いと思いますが、近年では「レーザー(レーザー手術)」を使用する病院が為か、痛みが軽減したり、出血が少なかったり傷跡が残りにくく、手術時間も短くて済むなどの患者側の負担がだいぶ軽減された形になっています。気管切開や下あごを前に出すという手術があります。この手術は適用範囲内です。



スポンサードリンク

 <  前の記事 いびきの防止対策5  |  トップページ  |  次の記事 いびきをかく兆候  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18661

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • いびきと弊害
  • いびきはかくことによって色々な弊害が生じる事があります...

  • いびきと赤ちゃん2
  • 赤ちゃんってすごく可愛いですよね。その赤ちゃんが眠って...

  • いびきと赤ちゃん1
  • 子供のいびきというのは注意が必要だと思いますが、赤ちゃ...

  • いびきとネコ
  • 猫がいびきをかくと健康を害するものなのでしょうか?年齢...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いびきはレッド信号!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。