Top >  いびきと病気 >  いびきと赤ちゃん1

スポンサードリンク

いびきと赤ちゃん1

子供のいびきというのは注意が必要だと思いますが、赤ちゃんのいびきというのは子供以上に注意をしなければなりません。赤ちゃん、特に新生児がいびきをかいている場合、疾患や場合がほとんどだからです。完治しにくいと言われていますが、赤ちゃんの場合は成長によって喉も変わってくるので自然に治る場合があります。いびき、不機嫌などの症状を引き起こしてしまいます。この肥大が収まればいびきも自然と解消されますので赤ちゃんのいびきの場合で、原因が肥大の場合はいいかもしれませんね。赤ちゃんのいびきの原因には、障害があります。赤ちゃんが鼻づまりになって口呼吸になってしまうと、いびきの原因となってしまいますし、放って置くと鼻疾患から呼吸困難を引き起こしてしまう可能性があります。



スポンサードリンク

 <  前の記事 いびきとネコ  |  トップページ  |  次の記事 いびきと赤ちゃん2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18665

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • いびきと弊害
  • いびきはかくことによって色々な弊害が生じる事があります...

  • いびきと赤ちゃん2
  • 赤ちゃんってすごく可愛いですよね。その赤ちゃんが眠って...

  • いびきと赤ちゃん1
  • 子供のいびきというのは注意が必要だと思いますが、赤ちゃ...

  • いびきとネコ
  • 猫がいびきをかくと健康を害するものなのでしょうか?年齢...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いびきはレッド信号!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。