Top >  いびき関連睡眠読本 >  いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療

いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療

いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療
鈴木 一郎
いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療
定価: ¥ 1,155
販売価格:
人気ランキング: 250762位
おすすめ度:
発売日: 2003-07
発売元: 主婦と生活社
発送可能時期:
いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療の詳細を見る

しっかし、なんでこうウチの会社の社長はバカなのかね~~(-_-メ)。
あーゆう人間に下で働いてるのかと思うと自分の人生に意味を見いだす気も起こらなくなるね。

ま、こーゆう時は、鈴木 一郎の本を読んで、心を落ち着けるに限るね。
今は「いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療」というのを読んでるとこなんだけど、ちょうど今の自分と同じような境遇のヤツが出てきて、なんだかシンパシーを覚えるね。

いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療・・・なんっつうタイトルなんで、最初は(個人的には)「あんま、パッとしないかな」とか思ってたんだけど、これ全然スゴイ!
もう、スイマセンでした!!!!って感じだね。いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療 サイコーっす。

心当たりのある人は読んですぐに病院へ行こう
この本を読みました。いびきはよく寝ている印なんて認識は駄目。早く医者に行きましょう。この本には、各県ごとに専門の病院が紹介してあります。
私も病院に行って、検査受けました。重症で、何らかの合併症で今後
10年間のうちに命を落とす可能性30%とのことでした。
圧縮空気を送る器械をつけて寝るそうなんですが、これをすると健康がずいぶんとよくなるそうです。次は装着しての検査だそうです。
ここをクリックした人は本を読んで、すぐ走ろう。
笑い事ではないですよ。ほんと。

いびきは早死のサイン―脳神経外科医が語るいびきと睡眠時無呼吸症候群の最新治療の詳細を見る

 <  前の記事 夢の解放区  |  トップページ  |  次の記事 立ち読みでわかるイビキの本―鼻呼吸が健康体をつくる (パタカラシリーズ)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18984

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

いびきはレッド信号!関連読本イメージ

カテゴリー

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いびきはレッド信号!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。